元看護師の主婦の復帰を促して

医療業界では看護師の慢性的な人材不足の状態が続き、医療サービスの質を維持するためにはいずれ解決しなければならない大きな課題です。
しかし新たな対策で看護師の人材を増やすことは簡単ではありません。
新人看護師を増やす対策を打ち出したとしても、その効果が表れるまでには長い年月が必要です。

そこで即効性のある人材不足解決の手段として、看護資格を持つ主婦に医療現場へと復帰してもらう方法に注目が集まっています。
看護師の中には、結婚や出産をきっかけとして仕事を辞め主婦になる人も少なくありません。
しかし一度職場を離れたとはいえ、有望な人材である事に違いはないです。
そこで仕事と家庭を両立できる労働環境を整えることにより、主婦になった元看護師の職場への復帰を促し、医療業界の人材不足解消に期待できます。
元看護師の中には、生活の安定のため収入を得たい人や、あるいは再び職場に復帰して生きるやりがいが欲しいという人も多く、両者の利害は相反しません。

働きやすい労働環境を整えるため、例えば保育施設を医療機関内に設けたりあるいは都合に合わせ勤務時間を柔軟に選べる環境を整えることで、仕事と家庭の両立が可能です。
その他にも離職した看護師の中には、これまでのブランクが心配と感じる人も少なくありません。
しかしかつて看護師として働いた経験があれば、ブランクを埋め合わせ、時間や労力を必要とせず、簡単な研修によるサポートで医療現場への投入が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です